忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「ケンタッキー・フライドチキン」でお馴染みのカーネル・サンダースの新作を制作。
結構原画に手を入れて新作を制作してある。昔作って満足できなかった原画が多少でも見栄えが良くなると、それだけで気分が良い。

さて、海外ドラマのお試し第一話を鑑賞してみて、気になったのが「ヘイブン」という作品。
スティーヴン・キングの小説「コロラド・キッド」をベースにしたドラマだそうで、「ツインピークス」に「X-ファイル」を合わせたような作品と紹介されていたが、まあ確かにそんな感じ。
ヘイブンという小さな町を舞台に、超常現象の解明に挑むFBI捜査官を主人公としたドラマになっている。

ケーブル・テレビで放送されているドラマだそうで、ケーブル・テレビのドラマは四大ネットワークのドラマが休みとなる夏場に三か月程度放送されることが多いようだ。地上波に比べて制約が少ないので、ケーブル・テレビのドラマの方が個性的なドラマが多いとのこと。

第一話を見た感じでは、正直同じ「X-ファイル」系ドラマの「フリンジ」よりも面白い気がした。「ヘイブン」の町の雰囲気も、「ツインピークス」ほど奇怪ではないが、そこそこミステリアスで悪くない。
スティーヴン・キング原作なので、その辺りはしっかりしている。

全米では既にシーズン3の制作が決まっていて、今夏に放送予定となっている。

連続ドラマ放送時には視聴率で苦戦した「SPEC」だが、今春にスペシャル・ドラマと映画で帰ってくる。
スペシャル・ドラマの放送は4月1日で、映画は7日公開予定だそうだ。

連続ドラマ「SPEC」は2010年10月期に放送されており、最高視聴率は最終回の12.9%、最低視聴率は8.2%、平均視聴率は10.5%というドラマだった。
視聴者を選びそうな超能力を題材としてドラマだったが、堤監督らしい演出だったし、先の読めない展開でもあったので、視聴率が伸びないのが不思議だった。ただ、初回を見た時に、視聴率が伸びなさそうだという予感はした。
「ケイゾク」の続編として企画された割に「ケイゾク」色は薄かった気がするし、「ケイゾク」ほどは面白くもなかった。

映画向けのドラマかもしれないので、映画化は悪くないかもしれない。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]