忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


マイケル・キートンを作品化。
先日のアカデミー賞では主演男優賞の最有力と言われていたが、エディ・レッドメインにさらわれ、用意していた受賞スピーチの原稿をそっと背広の内ポケットに隠す姿が報じられ、哀愁を漂わせていた。
「ビートルジュース」から「バットマン」と順調にキャリアを積み重ねていた頃は、正直、好きな俳優さんではなかった。「バットマン」の主役に決まった時には、正直「勘弁してくれよ」と思ったものだ。
その後、意外にキャリアが伸び悩み、たまに脇役で出ているのを見かける程度となってしまった。結構悪役のはまる人相、悪役を演じればかなり印象に残る。

「バードマン」では自身を投影したかのような役柄で、華々しく復活を遂げたイメージなのだが、生憎と映画の方はまだ見ていない。アカデミー賞作品賞作品は、正直重たくて見ないものも多い。

今更な「ビートルジュース」の続編製作も決定しているので、アカデミー賞主演男優賞は惜しくも逃してしまったが、当面出演作には困らないだろう。むしろ今回のアカデミー賞授賞式で、人柄の良さがにじみ出て一気に高感度を上げた感じだ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]