忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「キサラギ」よりユースケ・サンタマリアが演じたオダ・ユージを作品化。
劇中、登場人物はすべてハンドルネームで登場するため、「家元」「スネーク」「イチゴ娘」「オダ・ユージ」といった役名になっている。

日本では8月公開とあって、まだまだ盛り上がりに欠ける感のある「アベンジャーズ」だが、全米ではすでに歴代三位となるメガ・ヒットを記録し、続々と映画に登場したマーヴェル・ヒーローの新作・続編情報が報道されている。

「アイアンマン3」や「マイティ・ソー2」は前々から続編制作の話があったが、映画の公開に前後してスカーレット・ヨハンソンが演じた「ブラック・ウィドウ」のスピン・オフ作が制作されるというニュースがあり、映画のメガ・ヒットを受けて、「ハルク」もリブートされ新作が制作されるというニュースも流れた。
そしてお次は、キャプテン・アメリカの続編映画「キャプテン・アメリカ/ザ・ウィンター・ソルジャー」が制作されるようだ。

まあ映画を見ると「ハルク」の新作を見たくなってしまうくらい、ハルクの存在感が抜群。過去二度映画化されているが、ハルクのキャラクターを生かし切れていないことが良く分かった。

一方、「アベンジャーズ」では地味な存在になってしまった「キャプテン・アメリカ」、続編ではもう少し格好良く活躍してもらいたいものだ。結構、デザインも変わっているようだが、あの浮きまくりのコスチュームは、もう少し何とかならないものだろうか?

「マイティソー2」の方は来年公開予定となっているが、まだキャスティングが決まっていないようで、スケジュールが多少心配ではある。続編でも再びロキが敵ボスとして登場してくるようで、下手に敵キャラを変えるよりも、それはそれでまた面白そうだ。

さて、これだけ映画の登場人物が映画化されると、「ジェレミー・レナーが演じた『ホーク・アイ』はどうなるのだろうか?」ということに注目してしまう。
結構、良い役だったと思うのだが・・・

アメコミついながりで、もうすぐDCヒーローの「バットマン」と「スーパーマン」も新作が公開されるが、「スーパーマン」の監督ザック・スナイダーが米サンディエゴで開催中のコミコンに参加し、「バットマンとスーパーマンのどちらが強いか?」という質問に対して、「バットマンは大好きだ。バットマンは最高だ。でも……、マジで聞いているの?」と答えたことで、バットマン・ファンの怒りをかい、ニュースを報じた記者のツィートが炎上しているそうだ。

まあ、どちらかと言うとザック・スナイダー監督の気持ちの方が分かる感じ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]