忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「キサラギ」より小出恵介が演じたスネークを作品化。
映画が面白かったので、今年のテーマ「狭いところ」をついた作品として登場人物を作品化している。


「レッド・ブロンクス」という映画を見た。
日本公開は1995年、ジャッキー・チェンのハリウッド進出映画だと勘違いしていたが、全米での配給を視野に入れた香港映画だったようだ。そのかいもあって全米ボックス・オフィスでアジア映画で初の初登場第一位を飾り、ジャッキー・チェン・ブームを全米で巻き起こしたらしい。
ハリウッド映画にしては、どこか軽い演出も香港映画だと聞くと頷くことができる。

ちなみにジャッキー・チェンがハリウッド進出を狙って制作した映画は、「バトルクリーク・ブロー」(1980年)や「プロテクター」(1985年)という映画で、どれもパっとしない興行成績に終わってしまっている。本作の成功が「ラッシュアワー」に繋がっているようで、2000年代に入ると、ジャッキー・チェンは活躍の場をハリウッドに移してしまう。

さて、映画の方だが、全米での興行成績が良かったというだけあって、アクションは見せ場も多く、かなり派手。銃撃戦や爆破シーンが、ハリウッド映画にしてはかなり軽い印象だが、その辺は香港映画らしいとも言える。反対にアクションに重点を置いたためか、ジャッキー・チェン映画お馴染みの笑えるシーンが少ない。

本作には歌手として有名なアニタ・ムイがヒロインとして出演している。2003年、香港駐在中に病死してニュースになったので、よく覚えている。
また、アイスクリーム売りとして人気歌手の周華健がカメオ出演していたりして、ちょっとびっくりした。

アクションに重点をおいたせいか、脚本の出来はお世辞にもよくない。香港の刑事クーンが叔父の結婚式に参加するため、香港からニューヨークにやってきてトラブルに巻き込まれるのだが、展開が強引だしひねりが全くない、ひたすら直球勝負で脚本の至らなさはすべてアクションでカバーしている感じ。本作は昔見た記憶があるのだが、ストーリーを全く覚えていなかった。これだけ陳腐な脚本だと、印象に残らないはずだ。

流石にアクションは凝りまくっていて、ホバークラフトを使ったラストシーンなど、見ごたえ十分で、何でこのシーンを忘れてしまっていたのだろうと思ってしまった。ジャッキー・チェンが骨折を押して撮影を続けるエンドロールのおまけ映像を見ていると、ジャッキー映画のアクションの壮絶さを垣間見ることができる。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]