忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画『Love Letter』(ラヴレター)より豊川悦司が演じた秋葉茂を作品化。
豊川悦司で何か作ろうと思った時、頭に浮かんだのが映画『Love Letter』とドラマ『愛していると言ってくれ』だった。
どちらにしようか考えて、結局、相手役の中山美穂と常盤貴子を秤にかけて、作りたい方を選んだら『Love Letter』の方だった。

常盤貴子も嫌いではないが・・・

映画『Love Letter』の中ではガラス工房で働いており、こんな格好で登場する。映画の中では神戸に住んでいる設定で関西弁をしゃべっているのだが、豊川悦司自身大阪出身。関西弁はお手のもの。

先日テレビ朝日の土曜ワイド劇場で『遺跡発掘ミステリー~人類学者・岬久美子の殺人鑑定!』という二時間サスペンス・ドラマを放送していた。日頃はこの手の二時間サスペンスは滅多に見ないのだが、骨の鑑定を題材にした犯罪ドラマということで、「ついに『BONES』までパクってしまうのか!?」と興味が湧いてドラマを鑑賞してみた。

まあ、予想通りほぼ『BONES』のパクりだった訳だが、刑事ドラマには定評があるテレビ朝日の作品とあって、多少無理無理な話ではあったが面白かった。主演が大塚寧々とあって安心して見ていられるし、この辺りの微妙なキャスティング(そこそこ知名度があって演技もしっかりしているのだが、主演には少し足りなかった俳優さんを主役で配役)がテレビ朝日は上手い。

本家『BONES』の方はブレナン博士とブース捜査官を中心に、個性的なメンバーが脇を固めているが、『遺跡発掘ミステリー~人類学者・岬久美子の殺人鑑定!』では渡辺いっけいが目立つ程度で、ちょっと寂しい印象。まあシリーズもののドラマと二時間ドラマを比べても仕方のないところだろう。

視聴率は11.9%と微妙だったのだが、裏番組の『美丘』の10.2%には圧勝している。

シリーズ化されると見てみたい気がするが、そうなると前述の通りもう少し脇を賑やかにしないと話が膨らまないだろう。和製『BONES』ときっと話題になるだろう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
秋葉さんいただきます。ありがとう

≪中山美穂と常盤貴子≫を秤にかけたのですか~(^^)d

≫『遺跡発掘ミステリー~人類学者・岬久美子の殺人鑑定!』
予想通りほぼ『BONES』でも日本風にすると
ホンワカ~になって 現実感が無いのが結構「好き!」
ただ 脇役の強烈なキャラクター設定は海外に軍配が上がるわね。
海外版くらいやっちゃうと日本物は
コメディになっちゃうのかも・・・
Nezu 2010/09/14 (Tue) 15:14 編集
新警視庁捜査一課9係2
「秤」でした・・・

7月期のドラマもぼちぼち終わりですね。
『GOLD』と『GM』はついに挫折してしまいました。
『新警視庁捜査一課9係2』を初めから見なおしていたりします。
kwest 2010/09/14 (Tue) 15:31 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]