忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「アベンジャーズ」よりスカーレット・ヨハンソンが演じたブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフを作品化。
記録的な大ヒットとなっている超話題作だが、映画を見てからすぐに作品を作ろうと思ったのだが、何せ登場人物が全て主人公のような映画。あれもこれもと思っている内にすっかり作品を制作するのが遅くなってしまった。
先ずは、過去に作品化していないブラック・ウィドウから作品化してみた。

「アイアンマン2」で登場したブラック・ウィドウだが、「アベンジャーズ」では更に活躍の場が増えた感じ。ついにはスピン・オフ作品が映画化されるようだ。
正直、これと言った代表作もなかったスカーレット・ヨハンソンにとっては、初の当たり役となりそうだ。
ただ子役出身とあって芸歴は長い。古くは1997年公開の「ホームアローン3」にも出演していたようだ。
個人的に顔と名前を覚えたのが「アイランド」という映画から。ヒット作を連発してるメイケル・ベイ監督作品で、ユアン・マクレガーと主演を務めたが映画は失敗大赤字となり、既に大監督になりつつあったマイケル・ベイに責任を押し付けられなかったからか、制作サイドは「まだ主演を務める器ではなかった」と映画の失敗を主演の二人に押しつけた発言をしたことから、すっかり株を下げてしまった。

この映画、劇場に足を運んで鑑賞して、アクションに凝るマイケル・ベイ監督作品とあって劇場で見ると面白かった。その後、映画がコケたのがちょっと不思議だった記憶がある。
「アイランド」は2005年に公開され、全米での興行収入は36百万ドルだった。制作には1億26百万ドルかかっており、確かに大外れの結果だと言える。ただ、全米以外での興収は1億27百万ドルもあり、全米の興収が低すぎるとも言える。何故か韓国では大ヒットを記録しているようだ。

さて、ブラック・ウイドウ、映画の中ではキャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソー、ハルクの超人カルテットに混じって大活躍している。ブラック・ウィドウは抜群の身体能力を持っているとは言え一般人、超人達に混じってまるで見劣りのしない活躍振りで、まあちょっとあり得なくはある。「アイアンマン2」で披露してくれた纏わりつくような独特の格闘術をまた披露してくれてはいるのだが、接近戦が少なくてやや消化不良の面がある。その辺はスピン・オフ作に期待しよう。


ブラック・ウィドウの壁紙も合わせて掲載。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]