忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「オーシャンズ12」よりブラッド・ピットが演じたラスティ・ライアンを作品化。
折角、ブラッド・ピットの原画を書き直したので、もうひとつ新作を制作してみた。「オーシャンズ××」シリーズ中「12」は、まだラスティ・ライアンを作品化していなかった。

イギリスのウェブサイトが、「スタジオジブリが生み出した偉大な脇役キャラクター10」というのを発表した。そのトップ10は;

コダマ「もののけ姫」
まっくろくろすけ「となりのトトロ」
テト「風の谷のナウシカ」
ポニョのいもうと達「崖の上のポニョ」
ジジ「魔女の宅急便」
小トトロ「となりのトトロ」
カオナシ「千と千尋の神隠し」
ヒン「ハウルの動く城」
ネコバス「となりのトトロ」
ロボット「天空の城ラピュタ」

だそうだ。

まあ、「なるほど」という感じのライン・アップとなっている。他にも「風の谷のナウシカ」の王蟲や「耳をすませば」のバロンにも人気が集まっていたようだ。

個人的には、最近短編映画となった「風の谷のナウシカ」の「巨神兵」が外せないところ。出演シーンは多くないが、正直、「テト」よりも余程印象が強い。
主人公以外は脇役が人間だった「紅の豚」からノミネートがないのも仕方ないところかもしれない。

「もののけ姫」のシシ神や「風の谷のナウシカ」のクシャナなど、他にもまだまだ魅力的なキャラクターがジブリ映画には多い。こういうキャラクターを生み出してきた宮崎駿には、ただただ感心するばかりだ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ブラビいただきます。ありがとう。

ジブリはこのところTV放映で ゆっくり見直しです。
個人的には「紅の豚」が良いわ。
キキもメイも好きだけど。
凄くイケメンの時の顔が見たい!

新番組と最終回でこのところ録画がたまっています。
Nezu 2012/07/04 (Wed) 20:14 編集
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]