忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画『X-メン』シリーズよりジェームズ・マースデンが演じたサイクロプスを作品化、壁紙も制作した。

『スペース・バンパイア』という映画を見た。
1985年に公開された古い映画で、低予算のB級映画なのだが、当時見た時に「面白かった」記憶が残っていた。
原題は"Lifeforce"なので、「生命力」といったタイトルになっている。

監督がトビー・フーパーで、知らない方も多いと思う。1973年公開の『悪魔のいけにえ』が代表作になるようで、1982年公開の『ポルターガイスト』というヒット作もあるが、この作品は製作のスティーブン・スピルバーグがほとんど仕切ってしまい、トビー・フーパーは名ばかりの監督になってしまったようだ。サム・ライミと似たような経歴だが、サム・ライミの方は『スパイダーマン』と出会ってメジャー監督になってしまったが、トビー・フーパーは未だに作品に恵まれていないようだ。

さて、本作はそんなB級映画監督のトビー・フーパーの傑作のひとつ。

ハレー彗星と共に地球に接近してきた謎の宇宙船から持ち帰った3体の人体が宇宙の吸血鬼だったというお話。
とにかく吸血鬼の設定が秀逸で、血を吸うのではなく、精気を吸い取り、精気を吸い取られた人間はミイラのように干からびてしまうが、二時間後に覚醒し、他人の精気を吸い取り・・・と言った感じで増殖して行く。

映画の前半、宇宙から持ち帰った絶世の美女が吸血鬼として蘇り、人を襲い始める当たりまでは無類に面白い。その後物語は完全に破たんして風呂敷を広げまくり、映画の舞台となるロンドンが壊滅状態になる。映画の前半と後半ではまるで別人が撮ったような映画。この当たりの演出の一貫性のなさがトビー・フーパーの持ち味だが一流になれない由縁もある。

映画のほとんどを全裸で出演しているマチルダ・メイという女優さんの根性には唸らされてしまう。本作のイメージが強すぎて、以降すっかりセクシー女優になってしまったようだ。

きちんと脚本書き直してリメイクすれば、かなり傑作のできる魅力的な設定だと思う。今はバンパイア・ブームなので、リメイク向きの作品だろう。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
サイクロプスいただきます。ありがとう。

ヴァンパイアは流行だから リメイクすれば~♪
「新撰組」のアニメにまでヴァンパイアもどきが出てくるほど(薄桜記)
脚本が練られている事は重要よね。
Nezu 2010/08/30 (Mon) 15:38 編集
W最終回
『仮面ライダーW』最終回、昨日見るのをすっかり忘れていました。
前回、全て決着がついてしまったような終わり方でしたが、最終回では映画に繋がるような終わり方なのでしょうか?
kwest 2010/08/30 (Mon) 16:52 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]