忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画『オーシャンズ11』よりジョージ・クルーニーが演じたダニー・オーシャンの原画を書き直し、作品を作り直し、壁紙も制作してみた。
先日、『マイレージ、マイライフ』のライアンを作品化した際にジョージ・クルーニーの原画を書き直したので、ダニー・オーシャンの方も原画を書き直してみた。

さて、ちょくちょくやっている「崖っぷちの監督さん」シリーズ、今回は、「崖っぷち」という言葉はこの人のためにあるような監督さん、レニー・ハーレンの近況を調べてみた。ご存知『ダイ・ハード2』で大ヒットを飛ばし、一躍人気監督の仲間入りをし、シルベスター・スタローンを主演に迎えた『クリフハンガー』がまたまたヒットして一流監督となった。
『クリフハンガー(崖っぷち)』という映画を撮ったのが悪かったのか、次の『カットスロート・アイランド』が映画史に残る大赤字映画となってしまった。1995年当時に98百万ドルの巨額の製作費を費やして制作されたのだが、全米での興行収入は1千万ドル、あまりの成績の悪さに全米以外では劇場未公開となってしまった。

追い打ちをかけるように翌1996年公開の『ロング・キス・グッドナイト』がまたまた全米のボックス・オフィスで大外れ、ここで仕事を干されても不思議では無かった。

暫く空いて1999年、久々の『ディープ・ブルー』という映画はスマッシュ・ヒット、復活の烽火を上げたかに思えた。ところが次回作にかつて『クリフハンガー』でヒットを飛ばしたシルベスター・スタローンを再び主演に迎え、『ドリブン』という大作映画に挑戦したのだが、ここでもまた記録的な赤字を出してしまった。

ここで終わりそうなものだが、この後にも『エクソシスト・ビギニング』という大作映画を任され、ものの見事にコケている。


それでもハリウッドから永久追放とはならずに、2005年には『マインドハンター』、2006年には『レニー・ハーリン コベナント 幻魔降臨』、2009年に『12ラウンド』という制作費のはっきりしない低予算のB級映画の監督を任されている。

2005年の『マインドハンター』は見たが、最終試験のために孤島に集まったFBI心理分析官の候補生たちが次々と殺され・・・というかなり面白い設定だったのだが、映画は見事に面白くなかった。
結構グロいシーンの多い監督さんで、何でも映像にして見せないと気が済まない性分のようだ。観客に想像させて怖がらせるといった演出ができないので、ただグロいだけのシーンが多くてうんざりさせられる。

コケてもコケても監督の依頼が来るところを見ると、ご当人はかなり人徳があるようだ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ダニー・オーシャンいただきます。ありがとう
監督さんの人望と作品は別なのね~♪
でも グロはちょっと。。。敬遠しちゃうわね。

日中関係 子供のけんかといえないところが 怖いわ。

休みを楽しめるといいわね。
Nezu 2010/09/26 (Sun) 18:59 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]