忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画『トータル・リコール』よりアーノルド・シュワルッツェネッガーが演じたダグラス・クエイドを作品化。
『トータル・リコール』がリメイクされると聞いて、何故だか分らないがふいにアーノルド・シュワルッツェネッガーが演じたダグラス・クエイドを作品化したくなった。
映画『トータル・リコール』は1990年に公開され、全米で1億2千万ドルの興収を記録する大ヒットとなった。制作費は65百万ドルなので、当時としては大作映画と言える。

監督はポール・ヴァーホーベン、エログロがお得意の監督さんで、本作と次に撮った『氷の微笑み』が代表作にしてキャリアのピークになっている。最近は大作映画の監督に指名されることもなく、何が原因かと調べてみたら、1999年公開の『スターシップ・トゥルーパーズ』の失敗が痛かったようだ。個人的には結構好きな映画なのだが、この映画、1億5百万ドルの当時としては破格の製作費をかけて制作されたが、全米での興収は55百万ドル、全米以外の興収を合わせた世界興収でも1億2千万ドルで、製作元は数千万ドルの大赤字を記録したことだろう。

『スターシップ・トゥルーパーズ』は、映画館に見に行って面白かった記憶がある。ただ、その後見ていないし、もう一度見たいとは未だに思わない。続編が幾つか作られていて、見つける度に見ている映画でもある。

翌2000年には『インビジブル』という透明人間を題材にした映画が公開されている。こちらも制作費が95百万ドルと結構大きく、全米で赤字、全世界でも若干赤字という感じ。
以来監督作が無かったが、2007年にやっと『ブラック・ブック』という低予算の映画が公開されたが、これも興収がぼろぼろだった。

当分、新作のお声がかからないかも・・・

ガイ・リッチー監督、ロバート・ダウニー・Jr.主演の『シャーロック・ホームズ』の続編のモリアーティ教授役に英俳優ジャレッド・ハリスがキャスティングされたことが発表された。
一時、モリアーティ教授役としてブラッド・ピットが出演と噂されたが、ブラッド・ピットの出演はこれでなくなってしまった。

『シャーロック・ホームズ』の続編は、2012年12月に公開が予定されている。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
シュワちゃん戴きます。ありがとう。

≫『トータル・リコール』
これは迫力あったわ~!
当時としては異質なSFだったけど。

≫『スターシップ・トゥルーパーズ』
DVDで見た。
これは面白かったけど 
2と3は・・・バグスが~虫は嫌い!

≫『シャーロック・ホームズ』続編
シャーロキアンではないけれど 楽しみね。
Nezu 2010/10/03 (Sun) 07:57 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]