忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「ソルト」よりアンジェリーナ・ジョリーが演じたイヴリン・ソルトを作品化。
映画「ソルト」もほぼ世界中で上映が終わっているだろうから、興収結果を調べてみた。全米での興収は1億18百万ドル、全米以外での興収は1億75百万ドルで世界興収2億93百万ドルとなっている。
日本での興収は20億円に若干欠ける程度だったようだ。

一方制作費は1億1千万ドル。結構派手なアクション映画だし、アンジェリーナ・ジョリーのギャラも高そうなので超大作映画と言える。諸経費を考えると全米の興収だけでは赤字、全米以外の興収を合わせて数億円の黒字が出たといったところだろう。
当たった映画とは言いにくいが、かと言って失敗作とも言えない・・・という曖昧な評価の映画と言えるだろう。

本作の勢いを見てもアンジェリーナ・ジョリーの人気に凋落の兆しがあり、現在公開中の「ツーリスト」は人気絶頂のジョニー・ディップと組んで全米では興行的に失敗に終わっている。
とは言えハリウッド・スターのブランド力は全米以外ではまだまだ強くて、映画「ツーリスト」は全米以外で赤字を回収中で、後は未公開の日本での興収に期待がかかっている。

さて、日本で当たるかどうか・・・

全米でコケても、トム・クルーズとキャメロン・ディアスのコンビで日本でヒットした「ナイト&デイ」のような映画もあるので、ジョニー・ディップ+アンジェリーナ・ジョリーなら十分期待できそうだ。


アンジェリーナ・ジョリーの新作映画として「クレオパトラ」が制作されるそうだ。
もともとはジェームズ・キャメロン監督がメガホンを取る予定だったが、「アバター」の続編制作が正式に決定し、忙しくなってしまったために監督から降板してしまった。
そこで「クレオパトラ」の監督として、「ジェイソン・ボーン」シリーズで知られるポール・グリーングラスがリストアップされているそうだ。

世界三大美女のひとりとされるクレオパトラをアンジェリーナ・ジョリーが演じるという、まあ出来すぎたキャスティングではあるが、過去にエリザベス・テイラーが「クレオパトラ」を演じ、巨額の製作費を投じたことにより製作の20世紀フォックスが経営難に陥ったことがある。

なんだか今更なような見てみたいような・・・
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]