忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「フォレスト・ガンプ」よりトム・ハンクスが演じたフォレスト・ガンプを作品化。

【原題と邦題のお話⑪】

先日鑑賞したばかりの「ファイナル・デスティネーション」の原題は邦題通りの"Final Destination"。貿易用語で「最終仕向地」を言ったりもするが最終的な目的地の意味。"Destination"が分かり辛いと思ったのか、第二弾が公開された時に、原題は"Final Destination 2"とシンプルだったにも係わらず「デッドコースター」としてしまった。

日本での興業成績が振るわなかったのか、第三弾の公開時には原題がまたもシンプルに"Final Destination 3"だったにも係わらず、「ファイナル・デッドコースター」と付けてきた。
一作目と二作目に関連を持たせ内容も盛り込んだ上手いネーミングなのだが、そもそも二作目の「デッドコースター」が頂けない。三作目はジェットコースターでの事故が扱われているが二作目は自動車事故。コースターには関係ない。以降本シリーズには邦題の頭に「ファイナル・デッド~」が付くようになったが、そのお約束からも外れてしまっている。

四作目は原題の方が"The Final Destination"と変化球勝負で来たが、邦題は「ファイナル・デッドサーキット3D」と内容からのネーミング。路線がはっきりしてくるとタイトルを見ただけでシリーズものだと分かるので、固定ファンにアピールすることができる。

そして、今年全米で公開された五作目はまたシンプルに"Final Destination 5"という原題となっている。邦題は「ファイナル・デッド~」+内容から「ファイナル・デッドブリッジ」となった。全米でシリーズ最高の興収を記録した前作から一気にシリーズ最低の興収に終わりそうな気配となっている。前作は全米以外でヒットしており、シリーズものの利を生かして全米外で興収を稼ぐことができるだろうか?
日本では10月1日より全国公開のようだ。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]