忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「ホリデイ」よりジュード・ロウが演じたグラハムを作品化、壁紙も制作した。
結構、回りくどいのだがキャメロン・ディアスでもうひとつ作品を作りたくなり、何を作ろうか思い悩んだ末に、映画「ホリデイ」が頭に浮かんだ。この映画でキャメロン・ディアスの相手役はジュード・ロウだったので、こちらも作品化しようと、前に「シャーロック・ホームズ」で一度ジュード・ロウを作品化していることに気が付いた。

早速、「シャーロック・ホームズ」でジュード・ロウが演じたワトソン博士の原画を引っ張り出して、原画を書き直し、作品を制作してある。
衣装は当然映画から採ろうかと思ったのだが、日本で「ホリデイ」のプレミアム試写会で来ていた衣装が面白かったのでそちらを採用してみた。

映画「ホリデイ」は2006年12月8日に全米で公開され、興行収入は63百万ドルだった。キャメロン・ディアス、ジュード・ロウ、ケイト・ウインスレット、ジャック・ブラックという豪華俳優陣による共演だったためか、制作費は恋愛映画にしては破格の85百万ドル、全米での興収では赤字だったことになる。
もっとも全米以外での興行成績は好調で、1億4千万ドルを稼いでおり、最終的にはとんとんに持ち込めたという感じだろう。
日本でもこの手の地味な恋愛映画にしては興行成績が悪くなく、10億円を稼いでいる。


日米で公開されている話題作「グリーン・ホーネット」。
全米での興収は公開二週を終え6千万ドル少々。興収の伸びはシルベスター・スタローン久々の大ヒットとなった「エクスペンダブルズ」にちょっと足りない感じ。「エクスペンダブルズ」の全米での興収が1億3百万ドルだったので、「グルーン・ホーネット」は1億ドルに届くかどうかといったところ。制作費が1億2千万ドルらしいので、全米での回収は難しいだろう。

結構、厳しい状況。

宣伝を見る限りは面白そうなのだが・・・
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]