忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「Kingsman: The Secret Service」という映画を鑑賞した。
2015年2月13日に全米公開された映画で、映画公開前はさして話題にもならなかったが、81百万ドルの制作費で、全米で1億22百万ドルの興収を稼ぎ出している。
IMDbのレイティングは8.1の高評価、昨年、面白いと評判になり、大ヒットとなった「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」と同等の評価となっている。あまりに周りで評判が良いので、流行の3Dでもないのだが、映画を見に映画館に足を運んでみた。

監督は「キック・アス」のマシュー・ボーン。「キック・アス」もかなり面白かったが、本作は「キック・アス」を凌ぐ面白さと言えるだろう。
英国の「キングスマン」という秘密組織を題材にしたスパイ映画。コリン・ファースが初めてアクションに挑戦した作品だそうだが、なかなか様になっている。と言うかコリン・ファース演じるギャラハッドことハリー・ハートがもう最高、紳士的にアクションを見事に決めてくれる。

過去のスパイ映画へのオマージュが満載な作品で、マシュー・ボーン監督のこだわりが随所に垣間見える。007シリーズがそうだが、やり過ぎると途端に現実味が無くなって興醒めしてしまうが、本作はそのぎりぎりのところで、うまく踏みとどまっている。
映画の冒頭から、「ドラゴンボール」な演出で、一気に映画に引き込まれる見事な演出。

ターロン・エガートンというほぼ新人の俳優さんを若手スパイにキャスティングし、その成長を描いた映画でもある。コリン・ファースの印象が強すぎて、少々影が薄いが、相手はアカデミー賞俳優、致し方ないところだろう。

日本での公開もやっと決まったようだ。映画を見終わって、誰かに推薦したくなるような映画だ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]