忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画『アイアンマン2』よりアイアンマン・マーク2を作品化、壁紙も制作した。
確か、第一作目でもこのタイプはちらと出ていたと思うが、二作目では大活躍している。

ピクサーの新作『トイ・ストーリー3』が全米で公開され、公開三日間で興収1億9百万ドルを記録する大ヒットスタートとなった。全米歴代10位のオープニング興収となるらしい。ピクサー史上最高のオープニング興収だった『Mr.インクレディブル』の7千50万ドルを大きく上回る結果となり、ピクサー過去最大のヒット作『ファインディング・ニモ』の最終興収約3億4千万ドルを上回るのではと噂されている。
ちなみに『ファインディング・ニモ』のオープニング興収は7千万ドルだった。

映画の評判もよく、人気シリーズの十年ぶりの新作とあって、今後どこまで興収を伸ばして行くのか期待できる。

ピクサー作品は大好きで新作が公開されると欠かさず見ているのに何故か『トイ・ストーリー』だけは前ニ作共に見ていない。特に理由があって見ていない訳ではなく、何となくタイミングが合わなかっただけ。一作目を見なかったので、二作目も「一作目を見てから」と思っている内に見ないままになっている。

まあ、楽しみはとっておいている・・・みたいな。


ラルフ・マッチオ、ノリユキ・パット・モリタ主演、ジョン・G・アビルドセン監督で1984年に製作された『ベスト・キッド』をウィル・スミスの息子ジェイデン・スミス、ジャッキー・チェンでリメイクした『ベスト・キッド』が公開二週目で興収1億ドルを突破するヒット作となっている。
この映画、英題は原題の"Karate Kid"で、ジャッキー・チェンが出演し、舞台が北京に移った時点で、既に「空手」とは何の関係もなくなっている。ちなみに北京では『功夫夢』というタイトルで公開予定で、今更「カラテ・キッド」と言われてもと戸惑ってしまう。

おまけに制作がウィル・スミスで、どう見ても自分の息子の売り込みにしか見えず、映画は面白いらしいが、鑑賞前から既に満腹状態。
まあ、DVDで何時か見ようと思っている。

明暗の分かれるボックス・オフィスだが、制作費1億1千万ドルをかけた『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』は公開二週目で5千万ドルに届かず、『プリンス・オブ・ペルシャ』に続いて、全米サマー・シーズンの外れ映画となりそうだ。

『特攻野郎Aチーム』を見ていなかったので、映画版にさして思い入れがないが・・・

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]