忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ディズニー映画『ウィッチマウンテン/地図から消された山』よりザ・ロックことドゥエイン・ジョンソンが演じたジャック・ブルーノを作品化。
先日、スコーピオン・キングの原画を書き直し、ドゥエイン・ジョンソンの原画を書き直したのでドゥエイン・ジョンソンで何かもうひとつ作品を作ってみたくなった。
主演映画は日本ではあまり当たっていないので、知名度はいま一つだが最近見た映画で面白かったディズニー映画の『ウィッチマウンテン/地図から消された山』からジャック・ブルーノを作品化することにした。

『ウィッチマウンテン/地図から消された山』は、ディズニー映画らしくSF冒険ファンタジーといった子供から大人まで楽しめる内容となっている。
日本でも2009年7月に限定で劇場公開されたみたいで、興行収入が2千万円記録されている。多分、今はレンタルで店頭に並んでいることだろう。

さて、全米の人気ドラマ"The Mentalist"のシーズン1第八話を久々鑑賞した。
科学捜査全盛の今、敢えて刑事コロンボのような鋭い洞察力で犯人を割り出すちょっと変わった捜査コンサルタントを描いたドラマだ。
全米では2008年にシーズン1が放送されるや視聴者数のランキングでいきなり第6位に食い込み人気ドラマとなった。2008年の新作ドラマではトップとなる視聴者数、新作としては唯一視聴者数ランキングTOP10入りと華々しいスタートだった。
現在、シーズン2まで放送され、こちらのランキングは第10位だった。
今年5月には秋からシーズン3が放送されることが製作のCBSから正式に発表されている。

とにかくパイロット版の出来が良くて、いきなりドラマに魅了されるのだが、その後はエピソードによって面白かったり、そうでも無かったり。結構、上下変動の激しいドラマで、シーズン1を七話まで鑑賞した時点で、挫折しかけていた。
『LOST』をシーズン2まで見終わって一休みしている間に、久々続きを見たくなった。

洞察力の鋭い探偵役にはコロンボや金田一耕助のような変わり者がやっぱりよくはまる。本作の主人公、パトリック・ジェーンもその鋭すぎる洞察力から霊能力者をかたっていた過去を持つ変わり者。
結局、ジェーンの鋭い洞察力がいかんなく発揮され、「なるほど!」と唸らされた回は比類なく面白いのだが、ちょこちょこと助言を与えて事件が解決してしまったエピソードはかなり退屈なものになってしまっている。

シーズン2で視聴者数のランキングを落としてしまったのも何となくうなづけてしまう。

日本では、今年5月よりスーパー!ドラマTVにて『THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル』の題で放送が始まったようだ。
探偵ドラマ・ファンにはお勧めの一本だろう。
NHKで『コロンボ』の現代版として放送すれば人気になりそうなのだが・・・

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]