忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


全米の人気ドラマ『24 TWENTY FOUR』よりサラ・クラークが演じたニーナ・マイヤーズを作品化、壁紙も制作した。
前にも書いたが『24』のテレビ・シリーズが終わってしまったのが寂しくて過去のシリーズを見なおしていた。シーズン2まで見なおしたところで、一休みしている。シーズン3はかなり印象深かったので、覚えているシーンも多く、もう少し経ってから見なおそうと思い、途中で挫折してしまった『LOST』に再挑戦している。

その『LOST』もついにシーズン2まで見終わった。
相変わらず謎は謎のままだが、まだ見放すにはちょっと早い気がして、まだまだシーズン3に進めそうだ。

さて、ジョン・ロックを演じているテリー・クォンという役者さんがインタビューに答えて言っていたが、パイロット版ではほとんど台詞も無かったジョン・ロック役を引き受けた訳は、J・J・エイブラムスが、「あとで大きく化けるから」と約束してくれたからだそうだ。
確かに最初は台詞も無かったジョン・ロックの役柄がどんどん大きくなって行き、シーズン2ではジャックと並んで物語のナビゲーターを務めている感じだ。

ジョン・ロックは狂言回しに近いかもしれないが・・・

とあれ、ハリウッドでは制作者が役者に「あとで大きく化ける」というのは常套句のようで、それをそのまま鵜呑みしてはいけないそうだ。テリー・オクィンも「J・J・エイブラムスなら嘘は言わないかも」と少し期待していた程度だったらしく、ストーリーが進んで行くうちに「おれはとてつもなく素晴らしい役を与えられたんだ」と自覚したそうだ。

シーズン2でもジョン・ロックは良かれ悪しかれ登場人物を事件に巻き込み続けている。


最初に『LOST』を見て挫折した時は、無人島という設定があまりに漫画チックでダメだった。それがシーズン2まで見て行くと、この無人島という設定が数々の謎を生みだすもとになっているし、治外法権的な超法規措置も無人島という設定が違和感を感じさせなかったりすることが分る。無人島の設定こそが物語のキイなのだろう。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Lost
ニーナいただきます。ありがとう

≫『Lost』ジョン・ロックは狂言回しに近い~
確かに~言いえて妙です。
『LOST』は 撮影フィルムが駄目になったと言うNEWS後の『LOST』は方向性が変わったように感じたのですが。。。
はじめはバミューダトライアングル系か?と思っていたが 
次第に変化して時間軸が出てきた辺りから何でもありのパラレルワールド的世界になっちゃった気が。
完結ですっきりできると良いですね。

Nezu 2010/08/18 (Wed) 08:52 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]