忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「007/ムーンレイカー」よりリチャード・キールが演じたジョーズを作品化。

BS日テレで放送されていた「テラノバ」の放送が何時も間にか終了していたようで、金曜日の夜11時からは、米ドラマ「HAWAII FIVE-0(ハワイファイブオー)」が代わって放送されている。全米ではシーズン1の放送が完了し、新ドラマで視聴者数ランキング第22位となる順調な滑り出しだった。現在放送中のシーズン2も20位以内をキープしているようで、更に順位を上げてフィニッシュしそうな感じだ。1968年から放送されたドラマのリメイク版だということなので、放送前から知名度も高かったことになる。快調な滑り出しだったことも納得だ。

全米で人気になっているのは知っていたので、見たかった作品だ。レンタルでも好評なはずで、早々テレビ放送にはちょっと驚いてしまった。「CSI」よりの科学捜査もの、「メンタリスト」よりの推理もの、「NCSI」よりの科学捜査+アクションもののどれかに属する刑事ドラマかと思っていたのだが、初回、第二話を見た感じではちょっと雰囲気が異なる感じ。テレビ・ドラマなのにかなりアクションよりの刑事ドラマとなっている。
それはそれでアクション映画好きにはもってこいのドラマなのだが、実質45分程度の短いテレビ・ドラマの中で派手なアクションを盛り込もうとすると、どうにも内容が荒っぽくなってしまう。「CSI」シリーズの中で最もアクションが派手な「マイアミ」が一番面白くないと感じてしまうのは、その点かもしれない。

そうかなり荒いドラマ・・・

まあまだ冒頭の二話を鑑賞しただけなので、これからどうなるか分からないが・・・よく出来たミステリーとして上質なドラマも放送されるかもしれない。

舞台が日本人の馴染みの深いハワイだという点もドラマの魅力かもしれない。南国の開放感と欝蒼としたジャングルの深遠さが画面を通して感じられる。ドラマを見ていると、またハワイに行ってみたくなる。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]