忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「ラン・オール・ナイト」よりリーアム・ニーソンが演じたジミー・コンロンを作品化。

先月日本に帰省した際、なにか劇場で鑑賞したいと思い、散々迷った末に鑑賞したのが本作。
流行の3D映画ではない小作品なのだが、結論から言えば、結構当たりの映画だった。

本作は2015年3月13日に全米で公開され、興収は26.5百万ドルだった。制作費は5千万ドル、赤字の映画となってしまっている。遅れてきたアクション・スター、リーアム・ニーソン主演のアクション映画なのだが、興業的には期待外れの結果に終わってしまったと言えるだろう。

IMDbのレイティングは6.8、スマッシュ・ヒットとなった「96時間」の一作目以外は、結構この辺りのレイティングの作品がリーアム・ニーソン主演作には多い。平均的なリーアム・ニーソン主演アクション映画だと言えそうだ。

物語は偶然にマフィアのボスの跡取り息子を殺してしまった元殺し屋が、復讐に燃えるマフィアの標的となった一人息子を守るためにマフィアのボス相手に戦いを挑むというお話。映画の低評価とは裏腹に、初めから終わりまで退屈せずに見ることができる。まあ、わざわざ映画館に足を運んで見るような作品ではなかったかもしれないが、作品を見終わってから格好満足度が高かった。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Jimmy Conlon いただきます。ありがとう。

映画の低評価と満足度が違うのは興味深いですね♪
Nezu 2015/06/08 (Mon) 18:22 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]