忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画『Mr.インクレディブル』よりMrs.インクレディブルの原画を書き直し、作品を作り直した。

映画『グリーン・ゾーン(Green Zone)』を見た。
ジャイソン・ボーン・シリーズでコンビを組んだマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が再びタッグを組んだアクション映画で、湾岸戦争後のイラクを舞台に大量破壊兵器を探る兵士の活躍を描いた映画だ。
ユニバーサルとしては、大ヒットを飛ばしたジャイソン・ボーン・シリーズのご褒美として、ポール・グリーングラス監督に好きに撮らせた映画なのだろうが、1億ドルの製作費に対して、全米での興収は35百万ドルと完全に不発に終わってしまった。

『プリンス・オブ・ペルシャ』もそうだが、この手の湾岸戦争を揶揄したり否定的に描いた映画は、アメリカ人の感に触るようで、興収が伸びない傾向にあるように思う。
ただ、興収が伸びなったのは、基本的に映画が面白くないことが最大の原因だろう。

湾岸戦争後に米軍がイラク中を探しまわったが大量破壊兵器を見つけることが出来なかったことは周知の事実であり、それをサスペンス・タッチで盛り上げようとしても無理がある。
犯人が分かってしまっている推理小説をずっと読まされている感じで、何だか終始盛り上がらない。

舞台が戦場なので、派手な銃撃戦も迫力が感じられず、もっと派手派手な戦場映画は幾らでもあり、本格的な戦場映画と比べるとかなり見映えがしない。かなり中途半端。
話はつまらない、アクションも今一つとあって、これが本当にポール・グリーングラス監督の新作と首を傾げてしまうような映画だ。

『ダーク・ナイト』の大ヒットでご褒美にワーナーから「好きに映画を撮って良い」と言われたクリストファー・ノーラン監督の新作『インセプション』も公開間近だが、本作のような出来にならなければ良いが・・・

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Mrs.インクレディブル・キャシャーン・サッカー選手 いただきます。
ありがとう

サッカー負けてしまいましたが
良く健闘したと拍手ですね

寝不足解消されます。

もうすぐ選挙ですが
相撲とマイケル話題に韓流俳優の自殺話題で 
なかなか選挙演説に目が向きません・・・
Nezu 2010/07/01 (Thu) 13:08 編集
びっくり
パク・ヨンハの自殺にはびっくりしました。
韓国の芸能人は自殺する人が多いようですね。
kwest 2010/07/01 (Thu) 14:56 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]