忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「プリンス・オブ・ペルシャ時間の砂」よりジェイク・ギレンホールが演じたダスタン王子を作品化。
映画を見た後にそこそこ面白かったので、一度作品化しようと思った。が、映画はその後興収が伸び悩み記録的な赤字映画となってしまった為、急に制作意欲を無くしてそのままになっていた。
その後「ミッション:8ミニッツ」でジェイク・ギレンホールの原画を起こし作品化してあったが、ふと「プリンス・オブ・ペルシャ」のことを思い出して作品化してみた。

【赤字映画の話(三)】
さて、「プリンス・オブ・ペルシャ時間の砂」、「記録的な赤字映画」と書いたがどのくらいの興行成績だったかと言うと、全米での興収は9千万ドル、世界興収は3億35百万ドルという成績だった。全米での興収が低いだけで全米以外では2億ドル以上稼いでおり、悪くない興収に見えるのだが、本作の製作費は破格の2億ドル、頼みの全米ボックス・オフィスで半分も回収できないという結果だった。

制作はヒット・メーカーのジェリー・ブラッカイマー、ディズニーとタッグを組んだ話題の超大作だった。主演のジェイク・ギレンホールは今でもそんなに有名と言える俳優さんではないし、後はベン・ギングスレーが出演していた程度なので、製作費のほとんどはCGに費やされたものと思われる。
そこそこ派手派手なオープンイングだったので、諸経費もかかっていそうで、総費用は3億ドル近いのではと思っている。

世界興収でとんとん、製作のディズニーの手取りとなると1億ドル近い赤字が出たのではと予想している。

日本でも公開されたが5~6億円程度の興収に終ってしまったようだ。

ジェリー・ブラッカイマーは、この後も「魔法使いの弟子」で外し、「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」で何とか面目を保ったが、以前の勢いを失ってしまっているように見える。どうもこの人、胡散臭く見えるのは自分だけだろうか?

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ダスタン王子いただきます。ありがとう。

3億35百万ドル稼いでも赤字・・・
恐ろしい世界ね。
CGは お金をかけないとちゃちに見えるし かけても効果があるとは限らないから「ギャンブル」みたいなものなのね。
見るほうも新鮮さと奇抜さをひそかに期待しているし。
Nezu 2012/04/18 (Wed) 13:37 編集
ギャンブル
ハリウッド映画は本当にギャンブルですね。
kwest 2012/04/19 (Thu) 15:28 編集
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]