忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「アベンジャーズ」よりクリス・エヴァンスが演じたキャプテン・アメリカことスティーヴ・ロジャースを作品化。
「キャプテン・アメリカ」の方も続編の制作が発表され、公開が楽しみだ。続編では、是非あのコスチュームに多少でも手入れてもう少し格好良くしてもらいたものだ。

さて、夏ドラマもキャストで見せる第一話の放送を終え、内容で見せる第二話が放送されたドラマが増えてきた。毎度悪趣味な低視聴率の話題だが、やっぱり一番意外だったのが「東野圭吾ミステリーズ」の不調だろう。
唐沢寿明をもってきて初回11.3%とまあ惨敗、第二話では坂口憲二で7.8%と一桁に急落、第三話は松下奈緒でも8.8%と視聴率がとれなかった。第一話、第二話は正直「えっ!?、そんなに低かったの?」という内容だったと思うが、流石に第三話は8.8%も仕方ないかなという感じ。最後の謎解きでがっかりしてしまった。
「東野圭吾の短編小説11編をドラマ化」と発表されているので、全11話、途中で打ち切りもままならない。

同じ東野圭吾原作の「浪速少年探偵団」はもっと悲惨。初回7.8%と期待も低かったようだが、第二話で6%、もう下がらないだろうと思っていたのだが、第三話では5.6%とまた視聴率が下がってしまった。そもそも「子供が犯罪事件を解決」という設定が過保護な親が多い今の時代には合わないだろう。個人的にも全く興味がない。初回の冒頭を少し見てあっさり挫折・・・このドラマ、全話撮り終えての放送開始らしいので、こちらも途中で打ち切ることができない。せいぜい再編集して一話縮めるくらいしかできないだろう。

初回15.2%を記録してテレ朝のシリーズものを除けば新ドラマのトップだった仲間由紀恵主演の「ゴーストママ捜査線」、意外な高視聴率に驚いた第一話を鑑賞しようとしたのだが、こちらも冒頭の20分程度を見て挫折・・・仲間由紀恵久々のコメディ・ドラマだし、生瀬勝久も共演と「ごくせん」色が強くて期待されていたようだが、個人的にはダメ。そもそもこちらも子供が犯罪捜査という設定、第二話の視聴率に注目していたら11%に急落。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Steve Rogers いただきます。ありがとう。

≫「東野圭吾ミステリーズ」の不調
期待していただけに 見て ちょっとあきらめムード。
全11話見るほうが酷かも!

≫「浪速少年探偵団」
もう少し何とかならないのかな?
原作はそこそこなんだけど
アニメならOKだったかも!
ばかばかしくても「デカワンコ」の方は面白かったのに。

≫「ゴーストママ捜査線」
子供を犯罪現場に。。。
この点が ちょっと考えてしまうけど
私的には「浪速~」より どたばた的で面白いと思う。

「子供が犯罪現場で 犯人を~」
現実を考えると 関わらせたくないと思うのは叔母さん思考なのかしら?
Nezu 2012/07/22 (Sun) 21:29 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]