忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「007/トゥモーロー・ネバー・ダイ」よりミシェール・ヨーが演じたウェイ・リンを作品化。
最近、「007」シリーズを見直すのにはまっているが、ボンド・ガールとしてミシェール・ヨーが出演した作品があったことを思い出し、DVDを探し出して鑑賞してみた。

映画「007/トゥモーロー・ネバー・ダイ」は、1997年に公開されたシリーズ第18作目、ピアース・ブロスナンがボンド役になって二作目の作品となる。
前作「007/ゴールデン・アイ」が世界興収3億ドルを越える大ヒットとなったので、制作費も前作から倍増、当時としては破格の1億1千万ドルの巨費を投じて製作されている。生憎、興収の方は前作を僅かに上回る程度に終わってしまった。

まあ、「007/ゴールデン・アイ」が出色の出来なので、本作が格落ちして見えてしまうのだが、映画の出だしのアクション・シーンは秀逸だし、本編もそつなく面白い。総じてピアース・ブロスナンのボンド作品は出来が良いようだ。

折角、功夫スターのミシェール・ヨーをボンド・ガールとして持って来たのに、派手な見せ場が少ないのが残念。最近はイェン・ウーピンなど功夫アクションの振り付け師をハリウッドに呼んで殺陣の振り付けをさせているので、ハリウッド映画でも結構様になった功夫シーンが多いが当時はそこまで徹底していなかったようだ。

ちょっと勿体無い・・・

監督はロジャー・スポティスウッドという監督さんで、聞かない名前。調べてみると、アーノルド・シュワルッツェネッガー主演の「シックス・デイ」といった監督作があるが、これといった代表作がない。「シックス・デイ」も興業的にはコケた作品だった。

ちょっと大作映画は荷が重かったのかも・・・

とは言え、世界的にヒットしたこともあって、映画は面白い。すっかり内容を忘れていたので、十分楽しむことができた。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Wai Lin いただきます。ありがとう!

「007」ってセクシー・ガール 車 アクション
が頭にすぐ浮かぶくらい 誰が主人公を演じても「見ても損は無い」と頭の中で公式が出来ちゃってるところが「007」シリーズの強みなんでしょうね。
長い長い歴史の積み重ね(^^)

≫「シックス・デイ」
見たはず~と思って・・・確かに見たし大体の筋は思い出したのに最期が出てこない!
シュワちゃん映画はたいてい見てる・・・ファンでもないのに。


Nezu 2011/08/20 (Sat) 10:32 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]