忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画「アンストッパブル」よりクリス・パインが演じたウィル・コルソンを作品化、壁紙も製作した。
「スター・トレック」のカーク船長役でブレイクしたクリス・パインだが、父母に祖母までハリウッド俳優というサラブレッドらしい。
「ER緊急救命室」がデビュー作となり、「CSI:マイアミ」にも出演していたようだが、覚えていない。

「スター・トレック」の後、「フェーズ6(Carriers)」というB級ホラー映画に出演したようだが、ブレイクする前の契約だったのかもしれない。
昨年、本作「アンストッパブル」が公開されたのだが、今年は公開作品がないようだ。

売れたので早速休みを取った???

来年には「スター・トレック」の続編への出演が決まっているようだ。他にもリース・ウィザースプーンと共演する実写一本とドリームワークス製作によるCGアニメへの声の出演が控えている。
さらに、トム・クランシー原作の四代目ジャック・ライアンを演じるという噂もある。

「アンストッパブル」、個人的には「面白い」と思ったのだが、興収の方はいまひとつで1億ドルの破格の制作費に対し、全米での興収は82百万ドルと赤字、全米以外での興収でも86百万ドルと、多分制作費+諸経費を回収するまでには至っていないと思える。
日本ではそこそこ当たったようで、興収10億円を記録したようだ。最近はアクション映画が日本ではまるで当たらないで、興収が10億円に乗れば御の字だろう。

監督はリドリー・スコットの弟、トニー・スコット。
映像に凝るのはDNAなのかもしれない。ここ三作デンゼル・ワシントンとコンビを組んでいて(「デジャヴ」「サブウェイ123激突」)、全米ではいまひとつの興収が続いている。
低予算でそこそこ興収を稼いでくれると言われたデンゼル・ワシントンもお陰ですっかりコスト・パフォーマンスの悪い俳優となってしまった。

ちょっと使いづらい監督さんになってきた・・・

すっかり忘れていたが、代表作はトム・クルーズをスターダムに押し上げた「トップ・ガン」になる。


今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]