忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


米ドラマ「CSI:ニューヨーク」のシーズン4の携帯電話待ち受け用壁紙を作成して見た。
今更シーズン4でもないが、テレビ東京で月曜日と火曜日の正午に放送されているのを見て、急に作品を作りたくなった。掲載作品もシーズン5以降のものが多いので、メイン・キャスト六人を使って作品にしてみた。
動作は先に「仮面ライダーキバ」で使用したウェーブをもう一度使ってみた。前回は動きが小さすぎて動作が目立たなかったので、今度は多少動作を大きくしてある。

最近はドラマをチェックするのに忙しくて、なかなかDVDの鑑賞が進まないが、やっと「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを見終わった。
スペシャル・エクステンデッド・エディションという長尺版を鑑賞したので、一作が四時間以上あって、三作見終わるのに何日もかかってしまった。作品を見直してみて、第三作「王の帰還」を未鑑賞だったことに改めて気が付いた。どうにも個人的にはまれなかったシリーズで、第二作を見終わった時点で挫折してそのまま忘れてしまっていたようだ。

長尺版だったからだという訳ではないだろうが、今回は三部作全て見終わった。とにかく二作目、三作目の合戦シーンの出来の良さにはうならされてしまった。アカデミー賞で視覚効果賞を受賞しただけのことはあって、今見ても全く古さを感じさせない。この有名な小説が映像化不可能と言われたのもよく分かった。それを映像化してしまったピーター・ジャクソン監督には脱帽だった。

映画公開当時はまれなかった理由もよく分かった。とにかく映像は素晴らしいのだが、ストーリーの方が好みではなかった。この手のファンタジーものはどうも個人的にダメなようだ。
特にイライジャ・ウッドが演じた本シリーズの主人公であるフロドが個人的に全くダメだった。一作目で「何で戦闘力の低いホビットが旅の仲間に多いんだ?」と思ったが、二作目、三作目とホビット達が成長し剣を持って戦うようになるのだが、フロドだけは何時まで経っても煮え切らない。常に一緒に行動するサムがどんどん頼りがいのあるナイス・ガイになって行くのだが、フロドは一作目からほとんど成長しない。ゴラムにも簡単に騙されるし、見ていて「しっかりしろよ」といらいらしてしまった。

むしろ「勇者サムの物語」と言った方が良いような・・・

スピルバーグ作品や「スター・ウォーズ」シリーズのように物語主体の大作映画だと、なかなか出演俳優がブレイクしないが、本作でもオーランド・ブルームが有名になった程度。後は本作出演時に既に有名だった俳優さんばかり。

来年から「ホビットの冒険」が二部作となって公開される予定。監督も紆余曲折の末、ピーター・ジャクソン監督に決まったようだ。
さて、今度はどんな驚きの映像を見せてくれるのだろうか?

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]