忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


米ドラマ「CSI:科学捜査班」シーズン3よりエリック・スマンダが演じるグレッグ・サンダースをの新作を製作。

「CSI:科学捜査班」シーズン4を鑑賞中だが、エピソードの中にプールに浮かんでいた死体を引き上げてみたら、ホテル所有の救命訓練用の人形だったという話がある。ホテルの従業員は、その人形に「マコーレー」と名前をつけていて、口がぱっくり開いているので、「ホーム・アローン」のポスターのマコーレー・カルキンみたいだというのがその理由。

そのエピソードを見て、「そう言えばマコーレー・カルキンって最近どうしているのかな?」と思った。「ホーム・アローン」の大ヒットにより巨額のギャラを巡って両親が裁判を起こし、マコーレー・カルキンは十代にしてアルコール依存、やがては薬物所持で転落していった。
最近では俳優業を再開しているようだが、まるで名前を聞かない。

先日、まるで噂を聞かないと書いたばかりだが、薬物所持で「CSI:科学捜査班」より降板、表舞台から消えていたウォリック・ブラウンを演じたゲーリー・ドゥーダンの出演した最新映画"Jumping The Broom"という映画が全米で公開中だ。
2011年5月6日に全米公開され、初登場第三位と健闘、五週間トップ10に留まり、圏外に消えていった。

制作費はわずか6.6百万ドルというので邦画なみの予算。全米で興収37百万ドルを稼いでいるので、十分もうかったと言えるだろう。
ゲーリー・ドゥーダンは、出演者の一人で主演ではない。しかも出演ランクはかなり下になるようで、映画紹介に出演者としてクレジットされていないサイトもある。まあ、もともと映画スターではないので、それも仕方ないが、制作費6.6百万ドルということは、出演者のギャラもたかが知れており、「CSI:科学捜査班」でギャラで何度もゴネて、それも降板の原因のひとつになっていることを考えれば、ご当人は「今は昔」の感も強いだろう。

今年の5月まで放送された最新のシーズン11の全米での視聴者数のレイティングは第12位だった。一桁が当たり前だった人気シリーズもシーズン10で第12位となり、シーズン11でも人気は盛り返さなかったことになる。
不人気の責を負う形で、ローレンス・フィッシュバーンが降板してしまった。

シーズン11の第13話にグリッソムがゲスト出演したようだが、最新のシージン12で復帰があるのだろうか?
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Greg Sanders戴きます。ありがとう。

「CSI:科学捜査班」も 見続けているとそのまま見たくなるのだが
ちょっと間をおくと つい 億劫になってしまう。
視聴者は贅沢で我儘。。。
身をもって実践してる感ありです。
Nezu 2011/06/18 (Sat) 19:06 編集
ナンバーズ
最近、「ナンバーズ」という米ドラマも見始めましたが、また「CSI」に戻ってしまいました。
どうにも「CSI」が好きなようで、もう飽きるまで見るしか・・・
kwest 2011/06/20 (Mon) 12:59 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]