忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


全米の人気ドラマ『24 TWENTY FOUR』のシーズン1よりキーファー・サザーランドが演じるジャック・バウアーを作品化。
ジャックは既に作品化済みだが、シーズン1のジャックに拘って作品化してある。
多少ふっくらとしており、若干だが髪の毛が多い。

メル・ギブソンの出世作『マッドマックス』がリブートされ25年ぶりに復活、第4弾と第5弾が続けて撮影されるそうだ。
主役のマックスを演じるのはトム・ハーディというイギリス出身の俳優さんで、監督は過去お馴染みジョージ・ミラー。最近、名前を聞かないと思っていたら2007年公開の『ハッピー・フィート』以来の監督作となるようだ。

『マッドマックス』シリーズと言えば、撮影でスタントマンが亡くなったことで話題になった超絶スタントが売りの映画だった。当時は目を見張ったスタント・シーンも今ではCGで安全に撮影できるので、今更『マッドマックス』シリーズをリブートして続編を作る意味がよく分からない。第四弾は2012年の全米公開を予定しており、撮影が始まってもいないのにケチをつけるのも何だが、何だかコケそうな雰囲気。ニ作も続けて撮って大丈夫なのだろうか?

先週末の全米のボックス・オフィス、目玉は『トワイライト』シリーズの最新作『トワイライト・サーガ/エクリプス』が一体どれだけの興収を上げるのかに注目が集まっていた。配給元の予想は公開5日で1億73百万ドルで、前作『ニュームーン/トワイライト・サーガ」の公開5日間の興行収入は1億65百万ドルだった。結果は、前作に僅かに及ばない1億62百万ドルだった。

まあ飽きれる程の盛り上がりだが、個人的には既に二作目でギブ・アップ、どこが面白いのか理解できない。三作目も見る気はなかったのだが、三作目はアクション・シーンも多く出来が良いという意見もあり、DVDででも鑑賞してみようかと思い直している。

日本ではついに『踊る3』が公開された。
前作には及ばないものの100億円突破確実と言われる猛ダッシュだったようだが、ヤフー!の映画レビューを読みに行くと意外に評判が悪い。特に君塚良一の脚本が良くないという意見が多く、映画の出来がちょっと心配になってきた。まあ『踊る2』も邦画実写映画最高となる興収173億円を記録した映画だが、そこまで面白いかと言われると首を傾げてしまう。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]