忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


全米の人気ドラマ「LOST」よりマシュー・フォックスが演じたジャック・シェパードの新作を制作。

さて、10月期のドラマもぼちぼちといった感じで放送が始まっている。
「相棒」「医龍」の人気シリーズに、「ケイゾク2」と発表されて話題になった「SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~」「霊能力者 小田霧響子の嘘」がなんとなく個人的にツボかと楽しみにしている。

「SPEC」と「小田霧響子の嘘」は既に第一話が放送され、鑑賞済みだ。

先ずは「SPEC」、「トリック」の堤幸彦が演出を手掛けていて、興味深かったのが「トリック」では「霊能力者なんていない、全ての霊能力はトリックだ」というスタンスのドラマなのに対し、本作は「霊能力者はいる」という真逆の前提で製作されている点だ。
霊能力者がいて摩訶不思議な事件が起きる・・・ということになると何でもありなので、空々しくなってしまわないかちょっと心配で、第一話はそんな不安いっぱいな出来だった。

微妙に設定を変えてあるが要は和製「FRINGE/フリンジ」を作りたかったのでは?

であれば思いっきり現実味のない白々しい事件の方が却って面白いのだが、そこまで開き直れるかどうかがドラマが面白くなるかどうかの分かれ目だろう。

もう一作「小田霧響子の嘘」の方は、原作が漫画で「ライヤー・ゲーム」の甲斐谷忍とあって、ストーリーは結構練られてあると思う。こちらも霊能力者を題材にしていて、「霊能力者なんていない」という「トリック」のスタンスでドラマが作られている。
かなり面白くなりそうなのだが、第一話を見た感じはちょっと微妙・・・

主演に石原さとみを配しているのだが、石原さとみという女優さん、美人の割にいまひとつ人気がはっきりしない感じがする。特に女性からの支持が低いようで、ドラマをよく見ているのは女性なので、石原さとも主演のドラマは視聴率が取れない。
個人的にもいまひとつで、ドラマでも演技が滑りまくっている印象。「SPEC」の戸田恵梨香も性格の悪さがしばしば報道されるが、役柄がかなり横柄な役で、なんだか素に見えてしまう。

期待の二作共に主演女優の演技が上滑りしている感じで、見ていてちょっとイタい。

まあ、まだ第一話が放送されただけなので、今後に期待している。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
秋ドラマ 続々と。。。
≫SPEC
懐かし~い!あの地下風景
「ケイゾク」なんだ~!!

≫「小田霧響子の嘘」
設定は面白そうなんだけどね。。。
Nezu 2010/10/14 (Thu) 19:24 編集
SPECの勝利
「SPEC」第一話の視聴率が11.5%で深夜にしてはそこそこ良いレベル、「小田霧響子の嘘」が7.8%と深夜でも低いレベルでした。
第一話の視聴率は「SPEC」の圧勝でした。
kwest 2010/10/15 (Fri) 11:07 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]