忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


全米の人気ドラマ『24 TWENTY FOUR』よりアニー・ワーシングが演じたルネ・ウォーカーを作品化、壁紙も制作した。
ルネ・ウォーカーはFBIワシントン支局の職員で、シーズン7で初登場した。ジャックに係わった女性は皆不幸になるのだが、ルネ・ウォーカーもその一人。ジャックに影響され暴走を繰り返し、その無軌道振りから「女ジャック・バウアー」と密かに呼んでいる。


先週は久々の帰省とあって日本での生活をエンジョイするのに忙しくてブログの更新も滞りがちになってしまった。
北京も年々便利になって行くのだが、日本も年々便利になって行くので、最近はその差がなかなか縮まらないような気がする。
ただ、海外で躾の悪さが目立つ子はたいてい日本人、日本の将来も決して明るいとは思えないが・・・
とあれ、久しぶりの日本はやっぱり快適で、一週間も居ると北京に住んでいることなど、すっかり忘れてしまった。

さて、米ワーナー・ブラザースの新作「スーパーマン:ザ・マン・オブ・スティール」の監督に、「300」「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督が決定したそうだ。
つい先日、「崖っぷちの監督さん」として紹介したばかりのザック・スナイダー監督だが、現在はフクロウを主人公にした新作「ガフールの伝説」が全米で公開中で興行成績で苦戦している。「ウォッチメン」に続いての赤字作品となりそうだが、それでも若手の注目株とあって現在は次回作の「サッカーパンチ」という映画の編集作業を行っている最中だそうだ。
「スーパーマン」の新作は、「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督がプロデュースを手掛けており、ザック・スナイダー監督は「まだ初期段階だが、スーパーマンを現代によみがえらせる素晴らしいアイデアを与えてくれた」とコメントしている。アメコミのファンだそうで、特に「スーパーマン」はスナイダー監督にとって「ヒーローの中のヒーロー」でお気に入りだそうだ。

新「スーパーマン」は2012年全米公開予定、どんな新しい「スーパーマン」を見せてくれるか、今から楽しみだ。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]