忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


米ドラマ「CSI:ニューヨーク」シーズン7よりセラ・ウォードが演じるジョー・ダンヴィルを作品化。
ステラ・ボナセーラを演じたメリーナ・カナカレデスの突然の降板により、ステラに代わってCSI:ニューヨークでNo.2のポジションを務めるのがセラ・ウォード演じるジョー・ダンヴィルだ。元FBI捜査官でプロファイリングのプロとあって、科学捜査にちょっと変わった新風を吹き込んでくれている。

ジョーと言っても女性、”ジョセフィーヌ”の”ジョー”のようだ。陽気なキャラクターも好感がもて、ダニー以外は真面目で堅物の多いCSI:ニューヨークのメンバーのアクセントにもなっている。正直、ステラの降板はショックだったので、代わりにどんな人物が来るのかとやや批判的な目で見ていたところがあり、ジョー・ダンヴィルは良い意味で期待を裏切ってくれ、個人的にステラの後任として合格点だと言える。

過去に自分がかかわった事件で孤児になった女の子を引き取って育てていたりする。

さて、2011年秋より始まった米ドラマの視聴者数ランキングが気になって、ちょと調べてみた。ニールセン発表により最新の3月4日時点での視聴者数トップ20からドラマだけを抜き出してみると;

ランク 番組名/放送局 視聴者数
3 NCIS/CBS 19,983千人
7 NCIS: LOS ANGELES/CBS 16,853千人
12 THE MENTALIST/CBS 14,400千人
15 PERSON OF INTEREST/CBS 13,895千人
16 CRIMINAL MINDS/CBS 13,877千人
18 CSI/CBS 12,846千人
20 UNFORGETTABLE/CBS 12,734千人

となっている。「NCIS」とそのスピン・オフ「NCIS:ロサンゼルス」が上位を独占し、相変わらずの強さを見せている。日本でまるで知名度が低いのが不思議なほど。
そして、ドラマ部門の三位に食い込んでいるのが「メンタリスト」、こちらは日本でもDVDが発売されていて、そこそこ人気になっている。類まれなる観察力の持ち主ジェーンがその特異な能力を生かして事件を解決してゆく刑事ドラマ。科学捜査主流の今に敢えて「シャーロック・ホームズ」や「刑事コロンボ」系の名探偵物をぶつけて大成功している。

新ドラマの"Person of Interest"と"Unforgettable"の二本が大健闘している。"Person of Interest"は、「LOST」以来、いまひとつだったJ・J・エイブラムス製作総指揮のドラマで、犯罪をおかす人物を特定できるプログラムを開発した謎の億万長者フィンチが元CIAエージェントと組んで未然に犯罪を防止するというドラマのようだ。
一体どういうドラマになるか興味があって探しているが、まだ未見。

もう一本の"Unforgettable"の方は、一度見たものは忘れない主人公の女性がその特異な能力を生かして刑事として活躍していたが、事情があって休職、偶然殺人事件に出くわしたことから刑事として復職というお話らしい。まあ、女性版「メンタリスト」なドラマ。
こちらも見たくてかなり探したのだが、見つからなかった。春のドラマ終了後、DVDボックスをもう一度探してみよう。

しかし、ドラマの上位はすべて放送局がCBS。圧倒的な強さ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Jo Danville いただきます。ありがとう。
≫「NCIS」
強いのね。
CSIが18位と言うのはちょっと驚き。
≫"Unforgettable"
設定が魅力的!
≪カメラ・アイ≫って実際居そうよね。
DVD見つけたら見たいわ。
Nezu 2012/03/12 (Mon) 15:26 編集
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]