忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


米ドラマ「NCIS」よりマーク・ハーモンが演じるリロイ・ジェスロ・ギブスを作品化。
シーズン1から最新のシーズン9まで、ずっと見続けている「NCIS」、そのうち日本でもDVDが発売され、多少なりとも知名度が上がったら登場人物を順次作品化しようと思い待っていた。全米ではトップを独走するドラマなのだが、何故か日本では火がつかず、「CIS」ほどの人気もないまま時間だけが過ぎ去ってしまった。
今年は、アクセスが減り続けており、有効な手段も見出せないままなので、開き直ってかなり狭いところを突いて作品を作ることにした。そこで、ずっと作品化したかった「NCIS」より主人公のギブスを作品化してみた。

なかなか知っている人も少ないだろう・・・悲しいかな。

タイトルの「NCIS」は、「Naval Criminal Investigative Service」の略、邦題に「~ネイビー犯罪捜査班~」とサブタイトルがついていたりする。海軍専門の犯罪捜査機関で、海軍絡みの犯罪や被害者が海軍兵士だった場合に「NCIS」が登場し、地元警察や時にFBIと協力して捜査に当たることになる。

チームを指揮するのが今回作品化したギブス。無口で高圧的な上司なのだが、抜群のリーダーシップを持ち、犯罪捜査に妥協は許さない。とにかく独善的なギブスに対し、ディノッゾを中心とした部下たちのちょっとした反抗が面白かったりする。ちょくちょくボケを入れては強烈な突っ込みを返される漫才を見ているようだ。

「ライ・トゥー・ミー」のシーズン3を見始めた。
正直、シーズン2が面白くなかった。シリーズはシーズン3をもって打ち止めとなっている。ファースト・シーズンは全13話で、もっと見たいと思わせてくれる出来だったのだが、シーズン2はフル・シーズンで全22話だったが、途中で見るのに飽きてしまった。
シーズン3はまた全13話しか発注されずに打ち切りとなってしまった。

全米での視聴者数ランキングを見てみると;

シーズン1:第29位
シーズン2:弟57位
シーズン3:第78位

と打ち切りになったのも頷ける急降下振り。

シーズン1は微表情の解説が面白かったのだが、それも直ぐに底をついてしまい、シーズン2になるとライトマン博士が「今のは怒りの表情」「恥じらいが見えた」と台詞で指摘するだけになってしまった。折角のティム・ロスの怪演が空回りしている感じで、見ていてイタいドラマとなっていたが、果たしてシーズン3は?

まあ、打ち切りとなっているので、期待薄だが・・・

正直、続けて見るかどうか、かなり迷った。それでも刑事ドラマは好きだし、まあ下手な日本の刑事ドラマを見るよりは面白いだろうと購入してみた。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]