忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


全米の人気ドラマ「バーン・ノーティス」よりジェフリー・ドノヴァンが演じるマイケル・ウエスティンを作品化、壁紙も制作した。
アメリカのUSAネットワークで放送されているドラマ。USAネットワークはケーブル・テレビなのでドラマの視聴者数などよく分からないが、ドラマは人気のようで、シーズン6まで製作が決定している。
海外での配給はフォックスが手がけているようだ。

日本語吹き替え版ではマイケルの声を栗田寛一が吹き替えている。まあ、ルパン三世の声でドラマの雰囲気と妙にマッチしている上に日本語吹き替え版の脚本を福田雄一が担当している。
「33分探偵」や「東京DOGS」の脚本家として有名で、とにかくゆるい笑いが得意な脚本家。本作も時に台詞が長過ぎたり短すぎたりして俳優の口の動きに合っていないことも多いのだが、吹き替え版の方が圧倒的に面白い。

こちらでは流石に日本語吹き替え版が手に入らないので、日本に帰省した折にシーズン1とシーズン2の冒頭二話を鑑賞した。
残念ながら時間切れで続きを見ることができなかったが、シーズン2も変わらず面白かった。

早く続きをみたいものだ・・・


遅れてきたアクション・スターと言われているリーアム・ニーソンが大ヒット作「96時間」の続編に出演するそうだ。
製作と脚本は前作と同じリュック・ベッソン、監督は「トランスポーター3」のオリビエ・メガトンが予定されている。

誘拐された娘を取り返す為に元CIAの腕利きスパイが暴走を繰り返すというお話だったが、続編はどういう話になるのだろうか?とにかく設定が良かった第一作を上回るのはちょっと大変だと思う。

なんだかコケそうな予感が・・・

暴走親父リーアム・ニーソンは、すっかりアクションが板についてきたようで、全米で今年は「身元不明(Unknown)」という映画が公開されており、またまたスマッシュ・ヒットを記録している。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Michael Westenいただきます。ありがとう

≫吹き替え版の方が圧倒的に面白い。
わぉ!言語でも同じと思っていた。

計画停電が あるのか無いのか・・・と 毎日落ち着かない。

Nezu 2011/03/29 (Tue) 08:09 編集
コロンボ
個人的には、「コロンボ」以来の日本語吹き替え版の方が良いドラマです。
kwest 2011/03/29 (Tue) 09:21 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]