忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


米ドラマ「アメリカン・ヒーロー」よりウィリアム・カットが演じたラルフ・ヒンクリーを作品化。
「まるチュン・ヒ-ロー」こと「アメリカン・ヒーロー」が地上波で放送されてたのは1982年。初回パイロット版と前・後編に別れた「ラルフ結婚す!!」のエピソードは水曜ロードショーで放送されたそうだ。
そう言えば水曜ロードショーでやっていたような記憶がある。

結構人気があった?

ラルフを演じたウィリアム・カットは、結局本作「アメリカン・ヒーロー」が代表作と呼ばれているが、1979年に公開された映画「新・明日に向って撃て!」でロバート・レッドフォードが演じたサンダス・キッドを演じて、「ロバート・レッドフォード二世」と騒がれた時期もある。
「ビッグ・ウェンズデー」というサーフィン映画がヒットしており、こちらの方が代表作として上げられることも多い。

「アメリカン・ヒーロー」後は「ガバリン」という映画が話題になった程度。
最近では、「HEROES」のシーズン3第2話にゲスト出演しているそうだが、生憎と「HEROS」はシーズン1の途中までしか見ていない。

さて、4月期のドラマも今月で放送が終わりとなる。視聴率的には「仁」の一人勝ち、二番手も「BOSS」が手堅く押さえ、三番を「遺留捜査」と伏兵「マルモのおきて」が争っている感じ。
最近は口コミ情報を読みに言っても、当然のことながらドラマを見ている人の感想ばかりなので、批判的な意見がほとんどなくて面白くもない。

視聴率は物言わぬ視聴者が作り出すもの。

個人的には「幸せになろうよ」「遺留捜査」「リバウンド」そして「仁」も今回は途中で脱落し、「BOSS」だけを惰性で見ている。「仁」は最終回は見るつもり。どうやら映画に続きそうなのだが・・・

改めて調べてみると今年完走したドラマは「外交官・黒田康作」だけ。「BOSS」を最終回まで見るとやっと今年二作目。しかもどちらも特に面白かった訳でもなく・・・
周りに韓国ドラマ・ファンが増えて、「日本のドラマは面白くない」と言われても反論できないでいる。

7月期には「新・警視庁捜査一課9係」は完走するだろうから、もう後ひとつふたつ続けて見ることのできるドラマがあって欲しいものだ。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
The Greatest American Hero
頂きます。ありがとう。

「仁」もうすぐ終わると思ったら・・・映画?

最近ドラマと連動の映画が多くて・・・
時間と場所が限られてる身としては
嬉しくない状況。

シリーズ物は安心感から 見ちゃうけど
「仁」は完結する兆しは見えるけど
Part1の方がハラハラドキドキだったわ。

「遺留捜査」は地味目だったし・・・
今期は今ひとつが多かったので来期に期待!
個人的には「ガリレオ」と再会したい。
Nezu 2011/06/14 (Tue) 19:44 編集
ガリレオ
「ガリレオ」良いですねぇ。
原作はもうドラマも映画もできるくらいあるし、福山雅治も「龍馬伝」終わったので、今年辺り新作を見たいものです。
kwest 2011/06/15 (Wed) 09:17 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]