忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『ウルトラマンネクサス』よりウルトラマンノアの新作を制作。
『ウルトラマンネクサス』は、2004年10月2日から2005年6月25日まで全37話が放送された。

フジの月9『夏の恋は虹色に輝く』。7月期で唯一の恋愛ドラマなので、個人的に興味は無くて見ていない。
面白いのは、ドラマのクチコミを読むととにかく評判が良くて「第一話はもうひとつだったけど、第二話になって面白くなってきた」という意見が多い。
ところが視聴率の方は、初回15.7%という昨年同期の『ブザービート』並の視聴率でスタートしたが、第二話は10.7%と急落している。
昨年4月期の『婚カツ!』以来の一桁視聴率が目前といった感じだ。

主演が人気の嵐の松本潤とあって、コアなファンが多いようだが、視聴率はクチコミにコメントを書いたりしない「物言わぬ視聴者」が作りだしている。
ドラマも録画して見る時代なので視聴率なんか当てにならないという意見も多いが、面白いドラマはやっぱり視聴率が良い。

まあ、稀に視聴率は振るわなかったが面白かったというドラマもあるにはある。
『トリック』に代表されるようなかなり視聴者を選ぶドラマだと、視聴率は伸びなくても面白いものがある。

見ていないので『夏の恋は虹色に輝く』が面白いかどうか言えないが、ネットのクチコミ、意外と視聴率と合わなくて苦笑してしまうことが多い。他にも『美丘』『ハンマーセッション!』も視聴率の割にクチコミの評判が良い。

逆に『ジョーカー』はクチコミの評判もさして良くないのに視聴率が良かったりする。『ジョーカー』は第一話を見て個人的には「ない」と消してしまったドラマなのだが、米ドラマ『デクスター』をパクった設定の良さが受けているのかもしれない。
まあ、フジの刑事ドラマ、猟奇性だけで視聴率を稼ごうとするので、たいてい息切れしてしまうのだが、果たして・・・

NHK制作なのでネットでまるで反応はないが観月ありさ主演の『天使のわけまえ』が「7月期のドラマで一番面白い」なんて意見もある。

話が戻るがフジの月9、キャスティングにばっかり頼っていないで、質の高いドラマを作ってもらいたいものだ。最近のフジのドラマは元気がない。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]