忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「ミラーマン」よりミラーマンの原画を書き直し、作品を作り直した。
「ミラーマン」は、1971年から1972年にかけて全51話が放送された。円谷プロの製作で、同時期に同じ円谷プロ製作の「帰ってきたウルトラマン」が放送されていた。また裏番組は「シルバー仮面」だった。

2014年度の映画興行成績もそろそろ確定する頃で、洋画部門は社会現象にもなった「アナ雪」が史上第三位となる254.7億円の興収を記録し、ぶっちぎりのトップに立っている。「アナ雪」で予告編が上映された効果で第二位は「マレフィセント」の65.3億円、そして第三位は「ゴジラ」の32億円となっている。
以下で注目は、全米では外れた「オール・ユー・ニード・イズ・キル」が日本原作の強みから、15.7億円の興収で第7位と健闘している。

邦画の第一位は、今年前半の話題をさらった「永遠のゼロ」で87.6億円、第二位に「STAND By MEドラえもん」が第一位に肉薄する83.8億円を記録している。どちらも山崎貴監督作品。最新作「寄生獣」が公開中で、こちらも20億円を狙えるヒット作となりそうだ。今や日本を代表する映画監督になりつつあり、個人的には「ゴジラ」の新作を監督してもらえないかと思っている。

外れた印象のあった「思い出のマーニー」だが、35.3億円で第9位という堅調な成績。流石に過去のジブリ映画と比べるといまひとつだが、普通にヒットしていると言えそうな気がする。ジブリ映画、意外と制作費が破格なので、この興収では製作サイドでは物足りなかったかもしれない。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ミラーマン いただきます。ありがとう。
「アナ雪」が1位と言うのはうなずけます。
DVD販売後も上映の話題って初めてでしたから。

≫「寄生獣」
アニメでは見たのですが・・・
ちょっとエグ目で面白いけど 実写となると ちょっと腰が引けています。



Nezu 2014/12/18 (Thu) 11:01 編集
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]