忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「ウルトラマン」よりレッドキングの新作を製作。
たまにウルトラ怪獣の新作を作ってみたくなる。新規で原画を起こしたくても、既に作品化してしまった怪獣が多く、なかなか「これは!」という怪獣を思い出せない。レッドキングも過去の原画に手を入れて新作を製作したもの。

そう言えばWOWOWで放送中の「ネオウルトラQ」、「そう言えば」と書くくらいなので既に脱落済み。まあ見なくても全く気にならない出来。大人の鑑賞に耐えられるレベルではないし、かといって子供が喜ぶ内容でもない。結構、演出で頑張っている回もあるのだが、もう脚本の出来が・・・

怪獣と言えば、忘れている内に製作はとんとん拍子に進んでいたようで、ハリウッド版「ゴジラ」の新作映画に宝田明がカメオ出演するそうだ。宝田明と言えばオリジナルの「ゴジラ」を初め「ゴジラ」シリーズに数多く出演してきた俳優さん。既に出演シーンの撮影は終わっているようだ。

今月の18日からカナダ・バンクーバーで撮影も始まっているようで、出演は「キック・アス」のアーロン・テイラー=ジョンソン、3D映画になるようで、いつの間にか渡辺謙の出演も決まっていた。映画の公開は全米では来年5月、日本での公開は来年としか決まっていない。

さて、どんな映画になるのやら?

一番の問題は、ゴジラの造形かもしれない。もともとゴジラは間違って組み立てられた恐竜の化石から、あの直立し尻尾を引きずる体形となっている。既に恐竜は鳥と同じような骨格で頭部を支えるために、尻尾でバランスをとっていたことが分かっている。前ハリウッド版のゴジラの方が、リアリティはあるのだが、どうにもゴジラ・ファンからするとゴジラに見えなくて困ってしまう。

ギャレス・エドワーズ監督はどういうゴジラを見せてくれるのやら・・・
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
レッドキングいただきます。ありがとう
今までいただいたレッドキングの中では一番人間ポイ腰の動きかな?
可愛い!

≫ゴジラの造形
怖いもの見たさかな?
ゴジラファンじゃなくても あの日本のゴジラのイメージ引きずっちゃうから 恐竜タイプはどうしても想像できないのよ~!

Nezu 2013/04/01 (Mon) 17:07 編集
オタク度
ゴジラがどういう造形になるのかは、ギャレス・エドワーズ監督のオタク度次第でしょう。
ゴジラ以外の怪獣が出るという噂もありますし・・・
kwest 2013/04/02 (Tue) 12:18 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]