忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「仮面ライダーアギト」よりフレイムフォームの原画を書き直し、作品を作り直した。

やっと「ポリス・アカデミー」の一作目を鑑賞した。
一作目が公開されたのが1984年、10年間で7作製作されたシリーズ作品だが、やはり一作目の興収が最も良かったようだ。4.5百万ドルの制作費で全米での興収は81百万ドルとなっている。大ヒットだった。海外興収は不明だが、日本でもそこそこ当たったと思う。

映画は、今見てもかなり面白い。流石に内容はほとんど忘れていたのだが、幾つかのギャグは印象的だったので、しっかり覚えているシーンも多かった。映画を見ていて、「あっ、これ、こうなるような・・・」とデジャブ感を何度も味わった。

生徒役以外にも警察学校の校長先生や鬼教官も、かなり個性的なキャストだった。米コメディ映画とあって、とにかく下ネタが多い。昔から米コメディ映画は下ネタだらけだったことが、今更ながら良く分かった。

一作目はストーリーもしっかりしていて、最後の最後まで面白い。二作目も同じキャストで製作されたはずなので、探して見てみようかという気になった。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]