忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「仮面ライダーウィザード」よりウィザードを作品化。
まだ「フォーゼ」の作品化も終わっていないのに、先にウィザードを作品化してしまった。
一応、久々に「仮面ライダイー」の放送を毎週見ている。なかなか格好良いデザインの仮面ライダーだし、ストーリーもまずまず。

中国映画「画皮II」を鑑賞した。
周迅、趙薇、陳坤、楊冪と今中国で人気のある俳優がズラりと顔をそろえている。
「II」とある通り、前作のヒットを受けて製作された続編なのだが、中国国内での興行成績は「II」の方が圧倒的に多く、一作目の2億元に対し、続編の方は7億元近い興収を記録しており、国産映画では歴代トップの興収に躍り出たそうだ。

監督は高林豹という人、香港人のようだ。前作が陳嘉上との共同監督だったようで、続編では単独で監督を勤めている。結構、監督作があるようだが、鑑賞した作品はなかった。

中国の「聊斎志異」を題材にした映画で、現代版チャイニーズ・ゴースト・ストーリーといった感じの映画。もともと「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」も「聊斎志異」を題材にした映画だったのだが・・・

さて、ストーリーの方は、靖公主(姫君)は幼馴染の霍将軍に恋心を抱いていたのだが、ある日熊に襲われ、顔に大怪我を負ってしまう。公主の護衛を任されていた霍将軍は責任を感じ、僻地へと国境警備の任につく。一方、人を助けたことで氷付けにされていた妖怪狐の小唯は鳥児の協力により氷の世界を脱出、人になりたくて自ら心臓を提供してくれる人間を探していた。霍将軍を忘れられない公主は、度の途中で妖怪狐の小唯と出会い、やがて霍将軍のもとにたどり着く・・・というお話。

なんだかぐだぐだな内容だった前作よりは、かなりすっきりとしたラブ・ストーリーに仕上がっている。
その辺りが続編の方がオリジナルよりもヒットした原因だろう。

前作から甄子丹(ドニー・イェン)が降板、代わりに若手人気女優の楊冪が登場している。その分、アクション度は減ってしまっているのだが、代わりに周迅と趙薇二人の美人女優の露出を増やして前作より官能的に仕上げている。

まあ、その辺りも中国で受けた理由のひとつだろう。

邦画を見ると、とにかく無駄に上映時間が長いのに飽き飽きすることが多い。二時間超の作品がざらで、一時間半程度でさくっと終ってくれるような作品には滅多に出会えない。その辺の事情は中国の映画も同じで、映像美に凝る監督さんが多くて、とにかく無駄な演出のオンパレードで本作も二時間11分の長尺映画となっている。

結局は監督の力量の無さだろうが、せいぜい100分程度でまとめてくれればかなり面白い作品だと思う。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]