忍者ブログ
★GIFアニメーション新作紹介@電脳絵画館★
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「仮面ライダー響鬼」より威吹鬼の原画を書き直し、作品を作りなおした。

映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」を日本語字幕で見なおした。
個人的に大好物のエイリアンもので、2010年末には「来年の注目映画」として雑誌で大々的に取り上げられていたりもして、かなり期待していた作品だったが、いざ鑑賞してみるとかなりがっかりした作品だった。

全米での興収も伸びなかった印象があるのだが、改めて調べ直してみると、全米ボックス・オフィスでは84百万ドル弱という興収だった。製作費が7千万ドル、派手なアクション映画でCG満載とあって思ったよりも少ないが、それでも高額バジェットだった映画だ。
全米以外ではそこそこ稼いでいて1億28百万ドル、世界興収は合わせて2億ドルを超えていて、そこそこの成績だったと言える。日本での興収は7~8億円だったようで、まあ当たらなかった映画だと言えるだろう。

「インディペンデンス・デイ」に「ブラックホーク・ダウン」を合わせたような映画だと言う評判で、確かに両作の良いとこ取りを目指した作品であることはよく理解できたが、そもそもエイリアンが地球を侵略しているという前提では「ブラックホーク・ダウン」のリアリティは却って逆効果だったみたいだ。
雑なエイリアンの造形も気に入らなかった。

ただ、見直してみると意外にドラマ部分はよく出来ていることに気がついた。
無口な二曹がやや饒舌過ぎるきらいもあるが、後半は結構感動できる。最初に見た時に翻訳の問題か、期待外れだったため失望感が大き過ぎたのか、あまりドラマ部分の評価はしなかったようだ。

日本で劇場でコケても、この手のSF大作はレンタルで高回転しそう。2012年1月のツタヤのレンタル・ランキングを見ると、「トランスフォーマー3」に次いで第二位にランク・インしている。

今日は、ヤフー!のジオログにも新作を掲載してあります(↓)。是非ご覧ください。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/seasony24
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[09/22 Nezu]
[09/16 Nezu]
[09/15 Nezu]
[08/06 Nezu]
[08/06 kwest]
プロフィール
HN:
kwest
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]